録音/ミックス   Wataru Sato  HP
 マスタリング  Mitsugu Suzuki (cellzcellar)  
 デザイン(装丁) Kuido Maruhachi / 杭戸丸八   
 写真 Yun Teshin
 



















































SSW・大野円雅の4作目。2015年頃から自身の体験や白昼夢を起点としながら、その情景を季節のひと月ごとに歌へと託した「月の歌」の作曲を開始。その中から今回はピアノ伴奏曲を集めて音源化。本人は歌唱と作詞に専念し、京都在住の現代音楽作曲家・今井飛鳥と、ポストクラシカル・ミニマルピアニストのWataru Satoによる作曲とピアノ伴奏により共作/共演、制作された。

録音は自室に機材を持ち込み2日間で行われ、ヴィンテージピアノである象牙モデルの大橋ピアノを使用。一台のピアノから演奏者二者二様で対照的ともいえるほど、異なった表情を引き出している。今井飛鳥の重厚なコード感を持つドラマティックかつ簡潔な作曲表現と、パーカッシヴでタイト/ソリッドな奏法がピアノを唸らせたかと思えば、一方Geckoの手にかかると、瑞々しく凛としたセンチメントを感じさせる、リリカルでメロウなムードへと、ピアノは様変わりしている。

彼らのピアノの狭間で、歌がごく私的な記憶の手触りを立ち昇らせていく時、日本語の響きはどこか季節の移ろいのように響く。ピアノと歌のみという、一種モノクロームのような編成から、いつかそこここに在った幾多の名前のない色彩を再現せんとする、音と言葉たち。
SHOP LIST  
Label Web Shop
(日本語)
Label Web Shop
(English) 
Amazon.co.jp   Tower records 
   曲目
 1  五月の歌(言葉たち)
 2  八月の歌(藍のソネット)
 3  九月の歌(橙)
 4  十月の歌(世界の旗の鳥)
 5  六月の歌(蛍)
 6  十一月の歌 (古びた海)
 Number  TKGR-009
 Release Date  2017.5.11
 Price  1,500yen(+tax)
 Format  CD